Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

Augustusplatz 9, D-04109 Leipzig
 
Stand / Druckdatum: 09.12.2016

Kneipenmeilen & Nachtleben | Leipzig Tourismus und Marketing GmbH

 

 
 
 
 
 
 
 
 
   
本日の最低料金
 
 
 
 
観光案内~ライプツィヒ発見    ショッピング/お食事    飲食街/ナイトスポット
 

飲食街/ナイトスポット
Kneipenmeilen & Nachtleben

 

ドラレヴァッチュ横丁
Drallewatsch

市内の飲食街は、それぞれ豊かな個性を持っています。ドラレヴァッチュ横丁はライプツィヒ中心街でも最も活気あふれる場所です。マルクト広場(Markt)に面して入口のあるバーフース小路(Barfußgäßchen)を入れば季節を問わず道の両側に屋外席が並び、間をすり抜けるだけでもその熱気を存分に感じることができます。

「ドラレヴァッチュ」という名称は地元訛りで〝何かをしに行く〟といった意味の言葉が元となっているといわれ、ここにはその名の通りザクセン料理・バイエルン料理・イタリア料理・フランス料理・スペイン料理、そしてアイリッシュパブ・ドイツ風の寿司バーなどの多彩なレストランやクラブなどが集まり、まさに楽しみを見つけるのにぴったりの場所となっています。一角にはドイツ最古のコーヒー店「カフェ・バウム(Coffe Baum)」もあります。
 
 
最寄り停留所・鉄道駅
► Markt(マルクト):バス89番
► Leipzig Markt(ライプツィヒ・マルクト):都市鉄道(Sバーン)各線
 
 
 
 
 

ゴットシェート通り
Gottschedstraße

トーマス教会から中心街を囲む環状大通りを渡り、一歩外に出たところにあるのがゴットシェート通りです。道の名はライプツィヒで活躍した啓蒙時代の文学者、ヨハン・クリストフ・ゴットシェートに由来します。トーマス教会からは鐘の音が響き、通りに隣接した中央劇場(Schauspiel Leipzig)からは文化の香り漂うなか、ここには流行を発信する多くのバーやクラブがあります。各店では世界の国々の料理や様々なカクテルを楽しむことができるほか、ライブやコンサートも定期的に行われています。またサッカーの世界大会・ヨーロッパ大会が開催される際は各店のテラス席で試合が放映され、地元の人々に人気の観戦スポットとなります。

通り沿いにはライプツィヒの経験したナチスドイツ・東ドイツという2つの極端な時代にとって象徴的な場所もあります。椅子が無機質に並べられた一画はユダヤ人迫害の歴史を伝える警告の碑で、かつてここには自由主義ユダヤ教の会堂(シナゴーグ)が建っていたものの、1938年にナチ党によって破却されました。そして賑わいから奥に進んだ同通り25番の家は、東ドイツ建国を率い初代書記長となった政治家ワルター(ヴァルター)・ウルブリヒトの生家でもあります。
 
 
最寄り停留所
► Thomaskirche(トーマスキルヒェ):路面電車9号線 / バス89番
または
► Gottschedstraße(ゴットシェートシュトラーセ):路面電車1・14号線
 
 
 
 
 

カール・リープクネヒト通り
Karl-Liebknecht-Straße

中心街とは違った雰囲気で賑わうのが南側のズートフォーシュタット(Südvorstadt)地区で、そのメインストリートのカール・リープクネヒト通りは、市内随一の酒場街として地元でカーリー(Karli)という愛称で親しまれています。ライプツィヒ出身の急進的な共産主義者、カール・リープクネヒト(「スパルタクス団」によって有名)の名からの巡り合わせか、通りには90年代の反社会運動も最新のクラブ・カルチャーも混在する独特の雰囲気の中に色とりどりのカフェ・レストラン・クラブ・バーや酒場が軒を連ね、東洋料理でも西洋料理でも、朝食も昼食も夕食もすべてが揃っています。夏場を中心に通りに並ぶオープンテラスには多くの人々が集まり、言わば通りそのものがライプツィヒ最長のバーカウンターとなります。中心街の飲食店・服飾品店にチェーン店が多いのに対し、カール・リープクネヒト通りでは創造的・個性的なお店が多くを占めることも特徴で、それゆえデザインなどの創造産業の重要な拠点ともなっています。

毎晩ここで繰り広げられる様々な文化創作活動は、昔も今も伝説的空気に彩られています。ここには夜型の人々にも様々なプログラムが用意されており、ライブハウス的な雰囲気がお好きな方には通りの南端にあるヴェルク・ツヴァイ(Werk II / 所在地:Kochstraße 132, 04277 Leipzig)がお勧めです。これはかつての工場が文化施設に改装されたもので、ギャラリーや各芸術団体の拠点となり、ホールAでは定期的にコンサートが行われます(公式サイト:http://www.werk-2.de)。そして通りのもう一方の端(中心街側)、カーリー北端には芸術交流施設「ナトー」(die naTo / 所在地:Karl-Liebknecht-Straße 46, 04275)があります。ここではコンサートなどのほか大きな映画館では上映されない作品が定期的に公開され、市内の映画好きが集まる場所となっています(公式サイト:http://www.nato-leipzig.de)。
 
 
最寄り停留所
► Südplatz(ズートプラッツ)からConnewitz, Kreuz(コネヴィッツ・クロイツ)まで、路面電車10・11号線をはじめとするカール・リープクネヒト通り上の各線各停留所。
 
 
 
 
 

モーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)
Moritzbastei

中心街にはナイトライフの中心となるいくつものバーやクラブがあるなか、地下クラブ「モーリッツ・バスタイ(モーリッツ要塞)」は他にはない異彩を放っています。これは中世以来の市街要塞の跡がヨーロッパ最大規模となる学生クラブへと改造されたというユニークな施設です。砦は旧市庁舎を建てた市長ヒロニムス・ロッターによって1554年に拡張され、防衛強化を命じた当時のザクセン選帝侯モーリッツの名から「モーリッツ要塞」と名づけられました。1970年代に学生たちによって発掘、クラブへと改造され、発掘を行ったライプツィヒ大学の学生チームの中には、2005年にドイツ史上初の女性首相となるアンゲラ・メルケルの姿もありました。元要塞だけに外観はひっそりとしているものの、内部には居心地の良いカフェやバー、コンサートや文化行事の行われるステージや要塞の地下空間をそのまま利用したダンスフロアがあり、毎夜学生を中心に多くの人々で熱気にあふれています。
 
 
所在地
Universitätsstraße 9, 04109 Leipzig
(中心街)

最寄り停留所・鉄道駅
► Augustusplatz(アウグストゥスプラッツ):路面電車4・7・8・10・11・12・14・15・16号線
または
► Wilhelm-Leuschner-Platz(ヴィルヘルム・ロイシュナー・プラッツ):路面電車2・8・9・10・11・14号線
► Leipzig Wilhelm-Leuschner-Platz(ライプツィヒ・ヴィルヘルム・ロイシュナー・プラッツ):都市鉄道(Sバーン)各線

営業時間(カフェ)
月~金曜10:00~
土曜12:00~

ステージやダンスフロアはイベントごとのスケジュールによる

お問合わせ先
Tel.: +49 (0)341-70259-0
Fax: +49 (0)341-70259-59
http://www.moritzbastei.de
 
 
 
 
 

カバレット劇場と演芸場
Kabarett & Varieté

カバレット劇場《プフェッファー・ミューレ》
カバレットとは「文学寄席」とも訳出される文化的性格を持つキャバレーの一種で、カバレット劇場はカバレット芸人たちが小舞台の上で風刺劇をしたり、シャンソンを聴かせたりする場所です。カバレット文化は大衆演芸としてワイマール共和国時代(1919~1933年)に大きく花開き、中でもライプツィヒはその中心地として知られていました。東ドイツ時代の圧政下においても、社会情勢を強く風刺・批判するカバレットは市民にとって数少ない不満の捌け口として独自の役割を果たしました。ライプツィヒには現在もいくつものカバレット劇場があり、ドイツにおける「カバレットの首都」と呼ばれるほどです。ドイツ語やドイツの時事問題などの背景知識がないと面白さを理解するのは少々難しいかもしれませんが、日本では触れる機会のないカバレットをライプツィヒで体験するのも一興です。

そしてカバレットと並んで特徴的な舞台が「ヴァリエテ(Varieté)」と呼ばれる演芸場です。当地のクリスタルパラスト演芸場(水晶宮)(Krystallpalast Varieté / 所在地:Magazingasse 4, 04109 Leipzig)は1882年開場という歴史を持ち、1884(明治17)年の大晦日には留学中の森鷗外もここで市民たちと共に年越しを祝いました。「水晶宮」と呼ばれたその壮大なホールは第二次大戦で失われてしまったものの、1997年から現在地で再開された演芸場ではアクロバティックな曲芸・マジック・そしてコンサートまで、古き良き時代のままの数々がショー繰り広げられ、観客を楽しませています(公式サイト:http://www.krystallpalast.de)。
 
 
カバレット劇場・演芸場紹介(ドイツ語ページ)へ